株式会社 信友(SINYU)建設

憧れる先輩がいます。そんな先輩になりたい。

K.SOGA 建築部 - 2015年入社

入社何年目ですか?その前は何をされていましたか?
入社3年目です。入社する前は4年制の建築の専門学科に通っていました。
もともと建築に進もうという気持ちがあったのですか?
はい。自分の親が建築関係の仕事をやっていまして、中学の頃から現場監督に興味を持ち始めました。高校を卒業して4年制の専門学校の建築学科に入学をしました。
この会社はどうやって知りましたか?
学校で求人票を見て知りました。私は神奈川県の出身なのですが、会社が横浜の戸塚にあって、そのうえ会社名は「信じる友」と書くので良い印象を受けたので入社を決めました。
今はどういうお仕事をされていますか?
マンションや厚生施設などの建物を建てる上で、職人さんなどに指示を出して現場の管理を行っています。まっさらな状態から、躯体工事、外構工事まで一式をやります。
どうやってお仕事を覚えてきましたか?また、お仕事する上で詰まった時などはどうやって進めましたか?
経験豊富で親身になって教えてくださる先輩方が非常に多くて、詰まった時でも聞きやすい環境です。先輩に確認をしてすぐに対処していました。
怖いお兄さん達が多いイメージがあるのですがどうですか?
怒られる時はすごく怒られます。でもその方が自分もよく理解できますし、次に繋げられるので、嫌だと思ったことはないです。
会社に後輩はいますか?
土木部と事務に後輩がいます。
自分の部署に後輩ができたらどうしますか?
自分はまだ3年目ですが、最初の3年というのは結構大事な時期だと思います。その後輩には同じミスをしてほしくないので、私が伝えられる範囲のことは伝えていけたらなと思います。
今の立場の仕事をする上で必要なことは?
管理する側なので中途半端なことはできないです。途中で諦めると言いますか、これくらいにしようという感覚では成り立たないです。突き詰めていかないと、全部適当になってしまうと思います。
適当になってしまった場合は建物に影響しますか?
私の立場では無いとは思いますが、安全面は影響します。危険な作業を行っている場合は見過ごすのではなく、小さなことでも、仮に職人さんに嫌な顔をされるとしても、一つ一つ注意をしていかないと管理にならないと思います。
つぎのステップは?
私はまだ、ただの所員なので、まず資格を取得したいです。2級施工管理技士を受けて、その次に1級施工管理技士を取得して、現場を一人で見られるような所長クラスを目指して頑張っています。
試験は大変ですか?
国家試験なので一発で受かることの方が難しいと思います。安全管理・品質・工程管理など、現場経験がないとわからないこともあります。
安全管理・品質・工程管理というのは、それぞれ全く別の業務なのですか?
繋がることもあります。安全に作業を行っていれば、品質も工程もよくなっていくと思います。工程や段取りをしっかりと組まずに実行期がない現場を慌ててやると、安全に注意しきれない部分があると思います。
近い将来の夢はありますか?
今年2級建築施工管理技士の試験を受けるのでそれに合格をして、いち早く2級1級と取得して、どんどんステップアップしていきたいと思います。
自分に点数をつけるとしたら何点ですか?
60点くらいです。
今の60点を80点にしようとしたら、必要なことは何だと思いますか?
年齢が若いことを言い訳にはしたくないですが、まだ知識もないですし、責任感という意味でも上の方々を見ると、自分にはまだ足りてないとつくづく感じます。もっと責任を感じて仕事をやっていければ、自然と自己採点も高くなっていくのかなと思います。
どういう時にもっと責任感が必要だと感じますか?
戸締りですとか、ちょっとしたことを忘れてしまいます。細かいことですが、抜けが少し目立ったこともあります。確認などを怠っていたのかなと思うので、そういうこともしっかりやっていきたいと思います。
確認などを怠ってしまったのにはなにか理由があったのですか?
恥ずかしい話ですが、現場後期になりますと忙しくなってしまい視野が狭くなり、余裕もなくなり、確認を怠ってしまったことがあります。そこが自分に足りない部分だと思います。先輩の方が忙しいのに、事細かにいろいろなことが見えているので、すごいなと日々思います。
それは何が理由だと思いますか?
経験だと思います。よく上司から聞くのですが、昔はもっと厳しかったぞと。「3歩あるいたら叩かれるぞ」みたいな。今の上司の方たちはそういう厳しい環境で鍛え上げられたので、経験値が高いのかなと自分では勝手に思っています。
いま会社に求めることは何ですか?
資格の取得など、仕事に役立つ情報の共有や、講習などに行ってスキルアップできる機会を徐々に増やしていいただけると嬉しいと思います。
自分の会社を自慢するとしたら?
上司の方々が非常に優しくて気軽に会話もできるので、すごく居心地がいいですし、これからも頑張りたいと思います。先輩みたいにかっこよく仕事が出来るようになりたいと思えるような会社です。

K.KANDA

建築部 - 1996年入社

インタビューを読む

K.INOUE

土木部 - 1996年入社

インタビューを読む

K.SOGA

建築部 - 2015年入社

インタビューを読む

K.KAMEI

土木部 - 2015年入社

インタビューを読む

W.ITOH

土木部 - 2015年入社

インタビューを読む